自由設計自動売買ファイル

自由設計自動売買ファイル
 

     『自分のロジックで自動売買したい!!』 

そんなあなたに、

エクセルの関数が使える自動売買ソフト。



「自由設計自動売買ファイル」はあなたに変わって相場の監視は勿論、データの取り込み、損切、利確を設定しての新規注文を自動で実行します。

エクセルのAverageやSumを使って、指標や売買条件を自由に設定可能です。




  >自由設計自動売買ファイルとは?  >とりあえず体験版をDL -- 

 自由設計自動売買ファイルとは、当サイトで公開している自動売買システムUGから派生したファイルで、UGで必要だったインターフェイスを使用しての売買条件の設定等を、全てエクセルの関数を用いて設定でき、それを元に自動発注を行うファイルです。

 エクセルを使って、AverageやSumなどで指標の計算が出来、かつIF分の条件分岐でストラテジーを組むことは出来る!という方に、データの取り込みと、計算される指標や売買条件の自動挿入、更には条件をクリアした際の仕掛けの部分を、当ファイルが自動で代行します。


製品版のファイルから自動売買の部分を除いたファイルを体験版として無料で公開しますので、そちらで売買ロジックを組み、その後自動売買に移行する事も可能です。


体験版は、データの読み込み等は製品版と同じく実行し、計算式等の組み込み、記入等も同じです。


難しいコードの入力不要(プログラムに関する知識不要)
エクセルの関数の知識さえあればOK。
11個の時間足を設定可能です。
一度ご購入いただければ、その後のバージョンアップは完全無料!
この時間足、こんな機能など、ご要望受付中。
今のところ、まだ低価格となっています。




  >自由設計自動売買ファイル --  >完全自動売買 -------------
 仕様: MicrosoftExcel上で稼動する自動売買システム。
 価格:  \9,800-
自由設計自動売買ファイルでは、エクセル上でデータを収集し、ユーザーが挿入した計算式を元に指標の計算や売買判断を行い、その後、設定されている条件によりUWSC(キーボードマクロ、フリーウェア)を使用してMT4に発注します。
必須の設定としては、まずどんな指標を使ってどのようになった際に発注を行うか、同時に利確幅はどれだけか、損切幅はどれだけかを設定しなくてはなりません。




 難しいコードの入力不要(プログラムに関する知識不要)-------------------------

売買条件の設定の際、当ファイルでは難しいコードを書く必要はありません。


エクセル関数の知識さえあれば、Average、Sum、Max、Minなどの関数と、IF分での条件分岐を使用して所定の位置に、買い、売りが表示できれば問題ありません。


当ファイルは、エクセル上で稼働するファイルで、ユーザーが所定の位置に売買サインを発する事が出来れば、そのサインを拾って自動売買を行うファイルです。


実際に、具体的な内容を掲載したが分り易いかと思いますので、単純移動平均線のクロス売買について、当ファイルを使用した設定を下記掲載します。





 エクセルの関数の知識さえあればOK。--------------------------------

まず、下記画像は当ファイルの4本値入力画面と、計算式を自由に書き込める欄の一部を抜粋した内容です。
上記、薄い緑の部分がユーザーが自由に計算式を入力できます。
4本値は、MT4のDDEを使用して、指定の時間足にて自動で入力されます。
4本値が入力され、行数が増えても、計算式は自動で追加されます。
薄い緑の自由入力部分は、エクセルの計算式が使用可能です。

ここで考えるのは、移動平均線の単純なクロスでの売買ですので、上記画像内の緑の自由入力部分には、短期の移動平均線と長期の移動平均線の計算式が入力されています。

例えば、H15のセルには、=AVERAGE(E11:E15)が入力されています。

同様に、I19のセルには、=AVERAGE(E10:E19)が入力されています。

それぞれ、5本の移動平均線(終値)と、10本の移動平均線(終値)です。

エクセルを使用される方はご存じのとおり、それぞれの計算式を下方に連続コピーする事で、終値の移動平均線を描くことが可能です。

エクセルの関数や四則計算等を使用していますので、移動平均線だけではなく、計算式さえあればいずれの指標も描画可能となります。

勿論、現在お手元にエクセルで計算・集計した売買条件等をお持ちの場合は、多少の調整でそれを設定する事も可能ということはお分かり頂けるかと思います。

次に、売買判断部分についてですが、上述の通り「指定の場所」に売買サインが発生する様に計算式を設定する必要があります。

左の画像は、自由設計部分に単純移動平均線の短期と長期を入力し、一定時間更新させた当ファイルの画像です。


指標等の計算はH列とI列にしか入力されていませんので、K列からY列は非表示にしています。

Z列、AA列は、それぞれ利益確定ラインと損切ラインが計算されています。

売買サインを発生させるのは、AB列とAC列になります。

ここで考えているのは、単純移動平均線のクロスによる売買ですので、サインの発生は「直前の足の移動平均線がクロスであれば仕掛け」という条件になります。

例えば、上記画像内では、42行目に売りのサインが発生しています。
14年8月12日11:10の行です。

AC42のセルには「短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けしたら始値を表示」という計算を実行しています。

まず、対象となる数値は、直前の終値で算出された短長期移動平均線の値が必要ですので、それぞれH41の値とI41の値です。

クロスしたかどうかは更にもう一本前の数値も必要ですので、H40I40が必要となります。

この4つの値を使用して、「もしH40がI40より大きくて、且つH41がI41より小さい」場合には、当該セル(AC42)に始値を入力するという形で、入力された始値での成行き仕掛けとなります。

始値が当該セルに入力されれば、その値をファイルの内部で拾って、売買を実行します。

上記条件の計算式は、下記の様な形です。

 =IF(I41<>"",IF(AND(H40>I40,H41<I41),B42,""),"")


買いの方も同じ方法で(向きは逆)買いのサインをAB列に発生させると、そのサインを拾って仕掛けの実行となります。

後は、先の移動平均線の時と同様に下方へ連続コピーをすればよいだけです。


ここでは、単純なクロス売買を書いていますが、複数の指標を計算させ、それらを組み合わせて複数の条件とすることも使い方次第で可能です。

例えば、移動平均線を3本にし、短中長期の順番を条件に組み込み、且つ、MACDが上昇しているかどうかの判断も加える、など、各指標をエクセル上で再現でき、それらをIF文で条件付けする事で、AB列、AC列にサインを発生させれば自動売買が実現できます。


 11個の時間足を設定可能です。------------------------------------------------



 データの読み込み、集計等も当ファイルが自動で行います。


 上の画像は5分足を設定していますが、設定を行えば自動で5分足の4本値を一覧として集計します。
 

 時間足さえ設定すれば、後はデータの変化があるたびに、自動で始値、高値、安値、終値に集計し、足毎にデータを追加し、ユーザーが挿入した計算式も追加し、サインが発生すれば売買を実行します。


 現在実装されている時間足は下記11種です。


 5分足、10分足、15分足、20分足
 30分足、1時間足、2時間足、3時間足
 4時間足、6時間足、12時間足


サインの発生、仕掛けは実行できましたので、損切、利確についてですが、当ファイルは手仕舞い用の設定がございません。


というのも、利確ラインと損切ラインを仕掛け時に設定する内容になっており、これは、例えば通信上や取引会社との接続、停電等により、仕掛けを実行したまま手仕舞いが実行できないという状況を避けるためです。


仕掛けが実行できないのであれば、ポジションにも資金にも変化はありませんが、仕掛けを実行した状態で、手仕舞いが実行できない状態は問題があります。


そのため、あらかじめ仕掛け時に利確ラインと損切ラインを設定し、同時に注文する形を採っています。

損切ライン、利確ラインについては、値幅を設定するだけで、サインといして表示された値から、自動でプラス、マイナスを計算した上で注文を実行します。

値幅は設定画面から設定可能です。(右図)


この画面で、利確ライン、損切ラインと同時に、取引量、最大保有ポジション数を設定できます。




指標の計算やロジックの条件式等をエクセルで表現できれば、その内容に沿って、ファイルが自動売買を行います。


条件設定の際に、始値仕掛けであること、利益確定、もしくは損切によって手仕舞いする事が前提となりますが、その前提をクリアすれば、エクセルを使用しての自動売買が可能です。



指標や売買条件をエクセルの計算式で組み立てる必要があり、それらのスキルが必要となります。(エクセルの計算式や指標の計算式のサポートは行いません。)


内容は、始値成行き注文で、損切と利確を同時に発注するため、MT4の成り行き注文を採用している取引会社が必要です。

また、事前にマクロテストファイルにて、正常に注文ができる事を確認する必要があります。

マクロテストファイル→ マクロテスト用ファイルをダウンロードする。





一度のご購入で、
    その後のバージョンアップは完全無料!
この時間足、こんな機能など、
              ご要望受付中。

 自由設計自動売買ファイルは、まだ発展途上にあります。

 自動売買システムUGと同じように、今後もバージョンアップを重ねていく形になるかと思いますが、当ファイルはバージョンアップは完全無料です。


 一度ご購入されれば、その後価格がいくらになっても、最新版をいつでも、無料で手に入れることが出来ます。

 ただし、ファイル自体に使用期限が設けてあります。

ファイルの期限が来ても、次の期間(半年や一年など)のファイルは無料でお受け取りいただけます。


 更に、ご利用いただいた中で、「こんな機能が欲しい」という事がございましたら、ご連絡いただければ検討させていただきます。

 自動売買システムUGと重なる部分が多いファイルですし、そもそも自由度の高いファイルですので、UGに実装されており、且つどちらにも実装するという事が憚れる、必要性が低いと言った場合はその限りではありませんが、例えば機能として付加しないと設定できない様な時間足、損切、利確の設定等は対応致します。

勿論、左の通りバージョンアップは無料ですので、ご要望いただいた内容が実装された後も、追加のお支払は必要ありません。




製品版のファイルから自動売買の部分を除いたファイルを体験版として無料で公開しますので、そちらで売買ロジックを組み、その後自動売買に移行する事も可能です。


体験版→ 自由設計自動売買ファイル体験版をダウンロード


体験版は、データの読み込み等は製品版と同じく実行し、計算式等の組み込み、記入等も同じです。


仕掛けが発生しても実際に注文を行わないだけのものですが、期限等も設けていないため、データの読み込みや売買の検証に使用する事が出来ます。



製品版も体験版も、エクセル計算式を使用して、指定の行にサインが発生する様(売買条件をクリアした場合に始値が入力される様)設定が出来れば、そのサインの有無をファイルが行います。

製品版ではそれに加え、MT4へ、指定された損切、指定された利確値で成行注文を実行するファイルです。




 >今のところ、まだ低価格となっています。--------------------


当ファイルは、元々は、1ヶ月毎の利用料を頂いていたものです。


現在は期限等の区切りは無く、ずっと使用いただけますが、自動売買システムUG同様、随時値上げを行います。


今回、無期限版への移行に伴い、下記、もともとの1ヶ月の利用料+αからの公開となります。


今後、値上げを随時行いますが、のんびり気が向いた時となるかと思います。



 
>自由設計自動売買ファイルを注文する---------------------------------------

 下記リンクより、必要事項をご記入の上お申し込み下さい。お支払方法は銀行振り込み、PayPal使用のクレジットカード払いです。銀行振込の場合は折り返し、代金お振込先をご連絡いたします。 商品はご入金確認後、ダウンロード先のURLをご連絡いたしますのでダウンロードされてください。






『自由設計自動売買ファイル』

¥9,800-




銀行振り込みで支払う


クレジットカード、または
PayPalで支払う


 
 【投資に係るリスクおよび手数料について】
 

当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株取引、信用取引やFX取引は価格変動リスクを伴い、証拠金を上回る取引を行うことがありますので場合によっては損失を被る可能性があります。投資は自己責任にて行っていただくと共に、当商品を使用したことに関わる一切の損失に当方はいかなる責任も負いません。また株取引、信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。
 





 では、こんな長いページを最後までお読みいただき本当にありがとうございます。あなたの投資人生が今後さらに良い物へと変貌を遂げていくことを微力ながら応援させていただきます。