毎回、「それなりの成績」を収めた売買法を公開 IBI-Square Stocks 月刊?隔週刊?週刊?−売買法 03−GBP/JPY最大値最小値投資法2

GBP/JPY最大値最小値投資法(2)


 GBPJPY日足の過去一定期間の最大値、最小値を利用した売買法です。

 対象はGBP/JPYで日足を使用しての売買となります。
 売買法としては、仕掛けも手仕舞いも始値で行ない、そのサインも前日のうちにほぼ決定することが出来ますので、サインの発生を確認し、翌朝7時に成り行きで売買する方法です。



 
例えば、当日朝には、次の日の朝仕掛けるかどうかは判明しますし、手仕舞いに関しては当日の値動きによって次の日の朝に手仕舞うかどうかが判明します。

 つまり、毎朝7時前後に注文を出せる環境であれば、その後は相場に張り付く必要もございません。朝一以外に注文することもありません。



 シミュレーションをすると、(1)帰宅後(当日朝の注文時でも問題ありませんが)、前日までの4本値にて計算を行い、(2)その時点で次の日に仕掛けるかどうかが判明します。
 また、場合によってはその時点で現在のポジションを決済するかどうかも決定します。
 そして(3)翌日、出かける前に前日の予定に沿って注文を行うのみです。

 
 この売買法は、ポジションは常に一つですので、複数のポジションを監視する必要もありません。ただ淡々と、売買を繰り返すのみです。

 計算は、この売買法のタイトルの通り、過去の高値の最大値、安値の最小値を計算する程度ですので、エクセルが使える方なら簡単に計算が可能です。
 それにより算出された売買サインに沿って売買を繰り返すと、下記成績となります。


 勝率70%超プロフィットファクターが3を超えていますので、単純に平均値計算すると一度利益が出ると、その後3回は損失に耐えることが出来る計算です。
 しかも、勝率70%ですので、10回やって負ける確立は3回となっています。



 但し、少々保有中の含み損があるため、口座には実際に売買に使用する金額から、強制ロスカットにならないための余裕資金を用意する必要があります。


 詳細な成績は下記の通りです。

 
<期間中成績>
総取引回数 80回
勝ち取引回数 58回
負け取引回数 21回
総利益 96.76 通貨単位(9676pips)
総損失 -31.55 通貨単位(3155pips)
総損益 65.21 通貨単位(6521pips)
勝率 72.50%
PF 3.07
平均保有日数 5.59日
最大保有日数 26日
最少保有日数 1日
勝ち取引時平均利益 1.67 通貨単位(167pips)
負け取引時平均損失 -1.50 通貨単位(-150pips)
1回当たり最大利益 5.40 通貨単位(540pips)
1回当たり最大損失 -6.08 通貨単位(-608pips)
最大ドローダウン(含み損考慮) 9.62 通貨単位(962pips)
最大ドローダウン(確定損益ベース) 6.08 通貨単位(608pips)


<月次成績>
年月 累計損益 月次損益 年月 累計損益 月次損益
2005/06 1.02 1.02 2007/02 39.45 4.25
2005/07 2.47 1.45 2007/03 36.71 -2.74
2005/08 1.67 -0.8 2007/04 38.36 1.65
2005/09 3.4 1.73 2007/05 36.27 -2.09
2005/10 5.55 2.15 2007/06 40.05 3.78
2005/11 5.87 0.32 2007/07 43.73 3.68
2005/12 12.37 6.5 2007/08 48.17 4.44
2006/01 10.87 -1.5 2007/09 44.39 -3.78
2006/02 8.3 -2.57 2007/10 47.53 3.14
2006/03 10.56 2.26 2007/11 46.93 -0.6
2006/04 13.19 2.63 2007/12 49.24 2.31
2006/05 18.22 5.03 2008/01 55.49 6.25
2006/06 18.22 0 2008/02 59.23 3.74
2006/07 19.65 1.43 2008/03 62.62 3.39
2006/08 22.97 3.32 2008/04 61.35 -1.27
2006/09 26.05 3.08 2008/05 64.43 3.08
2006/10 25.79 -0.26 2008/06 63.58 -0.85
2006/11 27.99 2.2 2008/07 63.11 -0.47
2006/12 29.32 1.33 2008/08 65.21 2.1
2007/01 35.2 5.88


<損益曲線>


 ※期間2005年6月〜2008年8月 スプレッド0.07で計算しています。スワップは考慮せず。
 
 ○注文は朝一のみ。

 ○前日には仕掛けがわかる

 ○相場に張り付いて、指標を監視する必要なし

 ○1回利益が出ると、3回の損失に耐えられる(平均値)

 ○10回中、負けは3回程度(平均値)

 ○損益曲線は右肩上がり。



 この売買法、 メルマガでの配信を行なおうと思い検証している中で構築された売買法ですので、今後有料版のメルマガ(現在の『あっ、この銘柄上がりそう!!』とは別の)でサインを配信する予定でいますが、その際は売買法の詳細は公開しない予定です。尚、配信時の価格が月額¥3,500を予定しています。






※尚、自動売買システムUG購入者の方で、当マニュアルをご購入の方には、ご連絡いただければ設定ファイルをお渡しいたします。


 

GBP/JPY最大値最小値投資法2

<目次>
1章 はじめに
2章 売買法について
3章 最小値最大値売買法成績
4章 最後に

¥15,000-(初期販売価格)


 

サイトコンテンツ

ホーム
メルマガ無料版
ブログ(コラム)
売買ロジック
各種データ
  為替日足データ
  為替1時間足データ
N225時系列5分足
システム(商品・レポート)
  自動売買システムUG
  自由設計自動売買ファイル
ロジックメーカーLM
チャート力向上(スイング)
チャート力向上(デイトレ)
デイトレ監視システム
相互紹介・広告出稿について
リンク集

< P R >