毎回、「それなりの成績」を収めた売買法を公開 IBI-Square Stocks 月刊?隔週刊?週刊?−売買法 01−STC順張りスキャルピング投資法

STC順張りスキャルピング投資法


 
 SchaffTrendCycle(以下STC)というテクニカル指標を使用した売買法です。

 対象はN225採用銘柄、スタンスはデイトレからスイングの売買となります。

 STCは、日本語化された計算方法はネット上ではまだ見つかりませんが(08年7月現在)、英文の計算方法を基に計算式を確立し、それを使用して、銘柄毎に微妙に調整を加えた売買法となります。
 STCはMACDをストキャスティクス化したもので、1〜100の中で変動し、レートが上昇すれば指標も上昇し、レートが下降すれば指標も下降すると言うオシレータ系の指標になります。

 そのSTCを使用し、移動平均線との組合せで買いのみの売買を行います。

 マニュアル内には、STCと移動平均線を駆使したスキャルピング売買法が掲載されていますが、基本的なスタンスとしては上がったり手仕舞うというスタンスです。

 仕掛けは始値で仕掛け、上がったところで売るのですが、大体1〜2pips(呼び値)での手仕舞いで十分利益となる売買法となっています。

 全体の成績としては、下記です。下記成績は仕掛けから仕掛け後の最大値(4日以内)までの半分が取れた場合の成績ですが、勝ち取引の場合の平均取得pipsは3.18pipsです。つまり、(株価が2000円以下の場合)仕掛けから3〜4円上がったところでの手仕舞いで利益となります。

 しかも、その勝率は94%ですので、殆どの場合3〜4pipsは取れます。

 

勝ち回数 負け回数 勝率 合計取引数 総利益 総損失 総損益
26694回 8706回 94.28% 28314回 73548213円 -43078630円 30469583円
PF 1回当たり平均損益 勝ち取引時平均pips数
1.71 1076.13円 3.18pips
 ※単位株数で売買したと仮定、期間2000年1月〜2008年3月

 銘柄毎の詳細な成績はマニュアル内に記載していますが、その一部抜粋が下記のものです。


コード 総損益 勝率 取引
回数
勝取
引数
負取
引数
総利益 総損失 PF 勝取引時
平均取得pips数
1332 6800 59.31 149 137 94 24500 -17700 1.38 1.64
1605 124750 100.00 26 26 0 124750 0 100.00 4.80
1721 102000 83.33 80 75 15 339000 -237000 1.43 4.24
1801 63000 64.02 130 121 68 239000 -176000 1.36 1.84
1802 95000 73.18 138 131 48 359000 -264000 1.36 2.60
1803 286000 73.33 136 132 48 363000 -77000 4.71 2.67
1812 238000 67.76 128 124 59 286000 -48000 5.96 2.23
1861 130000 62.14 99 87 53 210000 -80000 2.63 2.12
1925 328000 80.89 135 127 30 598000 -270000 2.21 3.90
1928 276000 79.61 127 121 31 486000 -210000 2.31 3.83
1963 535000 85.80 157 151 25 942000 -407000 2.31 4.31
2002 119000 77.84 138 130 37 199500 -80500 2.48 2.89
2202 115000 62.16 125 115 70 215000 -100000 2.15 1.72
2261 123000 64.65 137 128 70 292000 -169000 1.73 2.13
2282 -43000 75.14 154 139 46 646000 -689000 0.94 4.19
2501 47000 65.10 139 125 67 316000 -269000 1.17 2.27
2502 20500 80.95 144 136 32 58800 -38300 1.54 3.98
2503 310000 80.89 133 127 30 491000 -181000 2.71 3.69
2531 -463000 73.47 120 108 39 425000 -888000 0.48 2.94
2768 23200 77.00 79 77 23 28600 -5400 5.30 3.62
2801 356000 77.90 147 141 40 471000 -115000 4.10 3.20
2802 343000 80.25 129 126 31 419000 -76000 5.51 3.25
2871 96000 67.69 142 132 63 289000 -193000 1.50 2.04
2914 -1775 91.72 157 144 13 139625 -141400 0.99 4.05
3086 8000 100.00 2 2 0 8000 0 100.00 4.00
3099 0 0.00 0 0 0 0 0 0.00 0.00
3101 127000 57.01 134 126 95 180000 -53000 3.40 1.34
3103 50000 51.39 127 111 105 136000 -86000 1.58 1.07
3105 405000 81.11 149 146 34 566000 -161000 3.52 3.80




 尚、スキャルピング法ですので、基本的には、仕掛けてから上がったら手仕舞いすると言う方法ですが、仕掛けてから一度も上がらなかった場合にどのように手仕舞うかも明確に設定しています。


 売買法についての説明は以上ですが、このような売買法を月刊くらいの周期で公開していけるよう、検証等を重ねたいと思いますが、今回まず第1弾ですので、どの程度需要があるのか、どの程度、このページをご覧の皆様の投資スタンスに合致する物かが、正直わかりません。

 ですので、実験的な販売という風にお考えいただければと思います。(勿論、上記売買法そのものが実験的なわけではなく、このような販売形態が実験的という意味です。)






 

SchaffTrendCycle
順張りスキャルピング投資法

PDF 19ページ
<目次>
1章 はじめに
2章 SchaffTrendCycleについて
3章 STCスキャルピング売買法
4章 最後に

¥10,000-



 

サイトコンテンツ

ホーム
メルマガ無料版
ブログ(コラム)
売買ロジック
各種データ
  為替日足データ
  為替1時間足データ
N225時系列5分足
システム(商品・レポート)
  自動売買システムUG
  自由設計自動売買ファイル
ロジックメーカーLM
チャート力向上(スイング)
チャート力向上(デイトレ)
デイトレ監視システム
相互紹介・広告出稿について
リンク集

< P R >