相場で生き抜く技術、テクニックを磨く!チャート力向上プログラム

チャート力向上プログラム(株式編)

株式編 デイトレ編




なぜ、そこで仕掛けたのですか?



なぜ、そこで手仕舞ったのですか?



その理由を自信を持って説明出来ない人は要注意です。





 

 逆の場合を考えてください。


 目の前に、これから上がる波があるのに、なぜそこで仕掛けなかったか?

 目の前に、いま崩れようとしている波があるのに、なぜ手仕舞わないのか?

 
 それを読む力があれば、相場の波に乗ることはそう難しいことではありません。


 自分の判断に自信がつけば、どんな相場でも的確な決断が出来、迷いがなくなる分、フットワークを軽く出来ます。

 崩れそうな波からはさっと引くことが出来、大きな波にも立ち向かうことも出来る様になります。



 ほら、 「どうなるのかなぁ〜」と悩んでるうちに、その波、崩れ始めますよ。



 崩れそうな波からはさっと手を引き身をかわす、大きな波が来る様ならば、その準備を進め、波に乗れるようにする。

 そのために必要なのは、技術と知識、その知識を実行するための経験です。







 「株式取引の勉強をしようと思うのですが、どんな勉強をすればいいのですか?」


 そんなメールから、このチャート力向上プログラムは生まれました。


 このメールを頂いたとき、オススメの本などはあったのですが、自身の経験から、本で学べることは知識のみでしかない、技術そのものは実際の相場で体験しないと、身につかないと考えていました。


 ですが、いきなり実際の相場に参入するのは、大切なお金をかけるのですから躊躇する部分があるのも事実。



 また、本は紙媒体、実際の経験そのものはパソコンで行うなど、理論と実践が一度に体験できない状態で、その行き来が煩わしくも感じていました。

 その煩わしさから、結局本を読んで終わり、理論を知るだけに終始し、わかったつもりで実践が伴っていないために、仕入れたはずの知識は使用する間もなく波にもまれる。

 そんな経験をした個人投資家も少なくないと思います。


 そこで、理論と実践を同時に体験することは出来ないか?一つずつの知識を学び、その後すぐ、時間に関わらず実際の相場で体験することが出来れば、その技術を会得するのに要する時間は短く出来るのではないかと考え、知識を学びながら、実際の相場のデータを使用して疑似体験をしてもらう形として、このチャート力向上プログラムを製作するに至ったのです。



 
>チャート力向上プログラムとは---------------------------------------------------


 
このチャート力向上プログラムは、買いか売りかスルーか?その判断を行うための技術、先を読む力、波に乗るテクニックを向上させるためのプログラムです。



 当プログラムはその導入部分として、「チャート力向上プログラム(株式編)」となっており、株式の基本的なチャートの形、その形からどのような動きが予想できるかなど、基礎を学んでいただくための物です。



 昨今の株式ブームにより、個人投資家の多くが、以前の私も含め「株をやれば稼げる」と安易な気持ちで相場の世界に参入しています。株をやっている個人投資家の9割が云々とか、そういった“ミミタコ”の話はここでは省きますが、なぜ個人投資家の多くが勝てていないのか?それを考えるとこんな結論に至りました。

 → 技術がないから。



 株にしろ為替にしろ、相場と名のつく物は、サイコロを振って出る目を当てる物ではありません。そう言った意味では運は必要ありません。

 当然ですが、勝つには技術が必要です。多分、生まれ持った感性やヒラメキよりも、勝つための技術やテクニック、スキルと言ったものが大切になると思います。


 「そんなことはわかってる」
 との声も聞こえますが、そのために何かやっているか?と聞くと殆どの方が何もやっていないのではないでしょうか?



 
 多くの個人投資家の勝てない理由がその技術にあり、「そのなことわかっている」のであるのならば、「その技術を磨けば、個人投資家の中で頭一つ抜け出すことは簡単」なのではないでしょうか?
 相場の世界で大きな勢力に勝負を挑まなくても、個人投資家の中で頭一つ抜け出せば他の投資家よりも稼げるはずです。



 結局は「勝つ人間がいれば負ける人間がいる」のですから、どうせなら「勝つ側」に立ちたくありませんか?


 おそらく、このページをお読みの方は何かしら相場で勝ち抜くためのヒントやその技術を得たい、そんな向上心の高い方かと思います。





 技術がないまま相場に参入しようとすることは、、昨日免許を取った人がF1のレースに参戦するようなものです。

 周りのドライバーは「あいつ新人だぞ」って笑っています。

 「いいカモだ」って笑ってます。

 考えてみてください。普通は、昨日免許を取ったばかりなのに、F1のレースに参戦しようとは思いませんよね?

 技術を磨いて、周りのドライバーと張り合える様になってからじゃナないと、参戦しようとは思いませんよね?

 相場も同じです。

 技術が無いまま参戦すれば、周りのカモになります。

 まぁ、そんな「カモ」、崩れ落ちそうな波のてっぺんで買ってくれる人がいるから、売り抜けが出来るのですが・・・。




 あなたは、どちら側に立ちたいですか?



 「私は甘んじてカモになろう!」という方は、それでも構いません。

 そういう人は、ホントにありがたいくらい稀有な人です。

 ですが、ここまで読んでいるあなたは、多分、そんな稀有な人ではないはず。


 相場について知っていればどんな波が来るかも予想できますし、技術があればその波に乗ることも出来ます。




 今にも崩れそうな波にいつまでも乗り、崩れ始めてからあわてても、あとは海の藻屑となるしかありません。

 ですが、「あぁ〜この波崩れそう・・・」と心構えでもしていれば、崩れ始めた時にはサッと身を引き、次の波にのる準備が出来ます。



 そんな技術を磨くためのプログラムが、この「チャート力向上プログラム」です。







>どんな内容か?------------------------

 まず、今回の「チャート力向上プログラム(株式編)」はチャート力の基本的な部分にスポットを当てています。

 チャートから先の株価を予測し、その波を掴んで売買を行う基礎力の部分を向上させるためのエクセル上で稼働するプログラムです。
 よって、上級者の方には物足りない内容かもしれませんし、そもそも既に株の世界で大いに稼いでいる方を対象にしたものではありません。

 基本的な力、基礎力を磨きたい方、尚且つ、やる気のある方に手にとっていただきたく思います。


 株式とは何ぞや?とかロウソク足とは何ぞや?など、基本中の基本である部分は省いていますが、ロウソク足の組み合わせによる、その後の相場の動きや、天井、底、のパターン、チャートの形のパターン、移動平均線を用いた売買の練習などを一ずつ、理論の解説と練習問題を通して、チャート力を鍛えていただきます。



具体的な内容としては、下記の通り。
 >ロウソク足
 >ロウソク足の組み合わせによる売買
 >チャートのパターン
 >天井と底のパターン
 >移動平均線
 >グランビルの法則



 例えば、「安値圏でつつみ線が発生したら?」、「上昇時の買いサインとなるロウソク足の組合せ」というロウソク足の組合せによる、その後の相場の動きや、「相場の天井・底」とそれを踏まえての「買い場、売り場」など、上記の目次の下に詳細な内容があり、そのそれぞれ5〜10問の練習問題を用意しており、実際の株式レートを使用した擬似売買を行っていただきます。



 トータルで165問のチャート問題を解いていただきますので、マニュアルを読まなくとも問題解くだけで他の個人投資家から抜け出すこともできますが、それと併せて理論も学ぶことにより、一つ一つの技能の習得率、応用力を鍛えて行ける内容となっています。



>練習問題について------------------------------------------------------------


 
この「チャート力向上プログラム」には、上にあるとおり多くの練習問題が用意されています。練習問題は、専用のファイルに準備されており、ロウソク足を1つずつ描画していく形になっています。


 通常、チャートの練習となると、既に描画の完了しているチャートを見ながらの練習か、実際の相場で現時点での自分の予測を立てる方法しかありませんが、前者の場合は過去のチャートが見えてしまうため、その影響を捨て去ることはできません。後者の場合は、答えが出るまでに時間がかかってしまいます。


 その短所を克服すべく、目の前にあるチャートに1秒毎にロウソク足が1本ずつ描画され、その中で、一瞬一瞬「買いか?売りか?」を判断し、チャート力の向上を図れる様なファイルとなっています。

 一つずつ増えるロウソク足を見ながら、先のチャートを予測し、買いポイントで買い、売りポイントで売る技術を学べる仕様となっています。

(↑練習問題ファイル)


 練習問題は、各章、各コンテンツ毎に用意してあり、何に注意して売買練習を行うか、ポイントは何かなど、それぞれの理論や使用方法などをチャートと図を交えながら解説し、各コンテンツの最後に練習問題の指示がありますので、マニュアルに沿って、マニュアルと平行しながら練習問題を解き前に進める形となっています。

               



 >個人投資家が勝つには?-------------------


 
「技術を磨けば相場で勝てる可能性が大きい」という事は、多くの個人投資家が考えている事、知っていることです。


 ですが残念ながらその多くは、そのためには何もしていないのが現状。


 では、どうやったら個人投資家が他の個人投資家から頭一つ抜け出せるか?

 先述の通り、多くの個人投資家は、「技術を磨かないといけないことはわかっているのに、そのためには何もしていない」のならば、あなたが何か行動を起こせば、それだけで頭一つ位なら抜け出すことは簡単ではないですか?

 あなたが投資についての勉強や技術の向上を図れば、それだけで他の個人投資家からは抜け出せるのですから、利益を得る人がいれば損失を被る人がいる投資の世界では、「利益を得る側」に立てるでしょう。



 「でも、面倒くさい」



 そんな方は、これから先も「カモ」の側にいる覚悟を決めてください。


 何もやらずに「利益を得る側」には立てません。何もやらずに「利益を得る側」に立てるのならば、あなたは既にそちら側に立っているはずですから。


 このプログラムは、一つ一つの問題をこなして行く度に、あなたのチャート力は確実に上がっていきます。

 技術がついてくると、頭ではなく、体や感覚で波に乗ることが出来る様になります。


 
以前、この「株式版」と、もうひとつ「デイトレ版」を購入された方から、下記のようなメールをいただきました。



はじめまして、○○と申します。

以前に、「チャート力向上プログラム」株式編を購入し、今回、デイトレ編も、モニター価格で購入いたしました。

私は61歳で、老後の資金作りが目的で7ヶ月前に株を始めました。

半年間は、収支トントンで、利益が出ませんでしたが、イビグチ様のお作り下さったソフトで練習するようになってから、何となく、良いチャートと悪いチャートの形が見えてきたような気がします。

練習問題をたくさん作ってくださったので、とてもありがたいです。
解説もとてもていねいで、わかりやすく、こんな良いソフトを、良心的な価格でお出しくださったことに感謝しております。

おかげさまで、9月は、利益率70%で、850万稼ぐことができました。
出来過ぎだと思っております。


     -----中略------


チャート力向上プログラムは、本当に、ためになるソフトですね。
作ってくださって、ありがとうございました。
お礼が申し上げたくて、メールいたしました。



 
この方は既に、個人投資家の中から、頭一つ飛び出されました。


  勿論、資金量などは個人によって異なるため同じ結果とはなりませんが、上のメールをお送りくださった方と同じ技術を得る事は難しいことではありません。


 当プログラムの練習問題で100以上の相場を体験した経験が身につきますので、当プログラムを実践した方とそうでない方の差は必ず出てきます。



 個人投資家の中から頭一つ飛びぬければ・・・、その「頭一つ」がこの経験の差ではないでしょうか?



 このプログラムは確かに基礎的な部分にスポットを当てていますが、基礎力がないと応用力は生まれません。足し算引き算ができないのに、2次方程式が解けないのと同じことです。

 多分、面倒くさくても、技術を磨くという方法が一番「面倒くさくない」方法です。



 (やる気のある方は)是非この機会に他の個人投資家から頭一つ抜け出していただければ幸いです。

 

 尚、ご注文に関しては下記リンクより銀行振り込みにてお申し込みください。



チャート力向上プログラム
(株式編)

PDFファイル、練習問題ファイル

¥15,000-


お申し込みはこちらより




クレジットカード払い

 
 
<規約>
必ずお読みください。